»コメントこの駅(1)

シルク博物館について

共有者:admin人気度: 1623人の閲覧
採点サイト: (-10)PR:PR:PR:0
Alexa:査看Alexaランキング活発度:11
サイト類別:博物館ラベル:横浜 博物館 
アドレス:URLが表示されないのはなぜですか?クリックして表示»
サイト紹介:1859年、横浜が開港、次々に外国の船が来航し、横浜居留地には多くの外国人商社が居を構え、日本人商社も設立されました。
»この改善点

サイト紹介-シルク博物館について

このカテゴリの最新加入サイトこのカテゴリの最新の加入:沢一浮世絵馆(日)

1859年、横浜が開港、次々に外国の船が来航し、横浜居留地には多くの外国人商社が居を構え、日本人商社も設立されました。
それらの商社を通じ、横浜港の貿易は大きく発展し、開港から昭和の初めまで、貿易の輸出品の多くが、生糸となったのです。
生糸は、陸路や河川を使って、横浜へ運ばれました。1909年には、日本は中国を抜いて世界一の生糸輸出国になりました。
こうして、日本の蚕糸業は、日本の経済を支え、近代化に大きく寄与したのです。
そして、シルクの街・横浜からは、日本の各地に外国文化が波及していきました。
シルク博物館は、こうしたシルクに関する歴史をたどりながら、
絹の科学・技術の理解を深めるとともに、主要なシルク製品の産地の紹介、 貴重な絹服飾の工芸美の鑑賞の場を提供しています。
博物館の展示では、年間を通じた常設展と、季節ごとに特別展等を開催しているほか、真綿づくりやくみひもの実演など講習会も開催し、シルクの普及を図っています。
また、シルクに関する様々な貴重な資料を保管し、閲覧に供しています。
博物館の入口には、シルクミュージアムショップがあり、さまざまなシルク製品の販売も行っています。
シルク博物館は、このような取り組みを通じ、シルクの需要の促進を図るとともに、横浜や神奈川における国際観光の振興にも寄与することをめざしています。 
シルク博物館は、世界的にみても、シルクを専門的に扱った数少ない施設であり、横浜を訪れる外国人もふくめ、多くの人に親しまれています。


0 4 3 0 . Com
上に立つ:  樹火記念紙博物館
現在のおすすめサイト:  シルク博物館について
次の駅:  沢一浮世絵馆(日)


申明:本資料は0430会員に提供し、転載出所を明記してもらい、出典:http://jp.0430.com/jp/web244155/。
シルク博物館について 感谢您的支持与分享!
このサイトを踏まれ0
このサイトを支持する1
駅長の声:支持当サイトは、頂てあるいは好評のように!  
今がある1人へ『シルク博物館について』発表評論 シルク博物館について良い?

  氏名 : * られ、留空は匿名発表
  内容 :
殘りの字数:  * 押す Ctrl + Enter 送信.
           
ヒント: コメント提出後、審査が必要、才能を表示;サイトの資料を網、みんな自分の真偽を識別する。
1階 シルク博物館について [*.*.*.*] 発表于 2016/12/16/ 03:59:00
ようこそ訪問当サイト!
シルク博物館について:1859年、横浜が開港、次々に外国の船が来航し、横浜居留地には多くの外国人商社が居を構え、日本人商社も設立されました。

博物館カタログ世界に影響サイト推薦ランキング

サイトのバージョン: English  中文(简体)  中文(繁體)  日本語  Español
会社概要 | お問い合わせ | ホームページ | 免責事項 | リンク | サイト マップ | 分類目録 | 収録条件 | 収蔵本ページ
Copyright 2004-2021 版権所有 jp.0430.com
世界中の図書館 - 私たちの生活にあなたのサイトが近づける!
免責声明:みんなはすべて使ってサイト資料に、自ら明らかにする、結果自負,0430は一切の責任を負わない。