»コメントこの駅(1)

中国光谷|武漢東湖新技術開発区

共有者:wadmin00119人気度: 1561人の閲覧
採点サイト:採点サイト点此査 活発度:11
サイト類別:政府ラベル:光谷 中国 武漢 
アドレス:URLが表示されないのはなぜですか?クリックして表示»
サイト紹介:中国光谷、即ち、武漢東湖新技術開発区、武漢東湖国社自主創新模範区(以下,東湖ハイテクゾーンと略称)は、武漢市の東南部に位置し、東は鄂州市に繋ぎ、南は江夏区と隣接し、西は武漢市の洪山区で、北は武昌区、東湖風景区の境界を接しています。
»この改善点

サイト紹介-中国光谷|武漢東湖新技術開発区

中国光谷、即ち、武漢東湖新技術開発区、武漢東湖国社自主創新模範区(以下,東湖ハイテクゾーンと略称)は、武漢市の東南部に位置し、東は鄂州市に繋ぎ、南は江夏区と隣接し、西は武漢市の洪山区で、北は武昌区、東湖風景区の境界を接しています。東湖、南湖、湯遜湖等の多くの湖や珞珈山、南望山、喩社山、馬鞍山、伏虎山、獅子山等の山がその間にあり、景色がすばらしく、環境が良く、優秀な人物が集まる土地として有名であります。

東湖ハイテクゾーンは1988年10月に建設され、1991年3月、国務院に初めて国家レベルのハイテク産業開発区に批准されました。2001年、光電子産業基地(武漢•中国光谷)として批准され2009年12月、国家自主創新模範区として国務院に批准されました。

同ゾーンの面積は518K㎡で、公式人口は40万人になります。また、42校の各種の高等大学、22ヶ所の国社重点試験室、24ヶ所の国家工程技術中心、56ヶ所の国家レベルの科研院所および700の技術研究開発機関がここに集まり、56名の中国科学院・中国工程院の学士院会員、20万の各分野の専門技術要員と80万の大学生を有しています。

同ゾーンは傅社坡長距離バスターミナルから約8Kmあり、武昌駅から約10Kmで、武漢駅(高速鉄道)から約24Kmで、武漢天河空港から約45Kmあります。武漢市の中環線、外環線が同ゾーンを貫き、交通に便利です。

2006年以来、同ゾーンは世界一流の科学技術園区建設の試験点として設立され、国家情報産業基地、国家バイオ産業基地、国家総合ハイテク産業基地、国家アウトソーシングサービス基地都市模範区、科学技術興貿創新基地、海外高級人材創新創業基地、国社地理空間情報産業化基地、国社新型工業化産業基地に批准された。同ゾーンでは、国内最大の光ファイバケーブル、光電デバイス生産基地、最大の光通信技術研究開発基地、最大のレーザー産業基地が建設された。光ファイバーケーブルの生産規模は世界一で、国内市場のシェアは66%以上で、国際市場のシェアは25%以上であります。光電デバイス、レーザー製品の国内市場シェアは60%で、また国際市場に参入しており、世界の産業の一部を占めております。

現在、同ゾーンは光電子情報をメインとして、バイオ、省エネ・環境保護、高性能設備製造、高技術サービスが互いに競争し発展するシステムを形成し、相次いで大学科技園、光谷軟件園、フォックスコン武漢科学技術園、武漢国家バイオ産業基地、佛祖嶺地区産業園、花山生態新城、武漢未来科技城、総合保税区、左嶺新城及び自動車電子、金融バックグラウンド、武漢鉄鋼、武漢重工、武漢ボイラー等の10ヶ所の産業園を建設された。2010年末まで、同ゾーンに登記した企業は16000社に達し、そのうち、世界TOP500企業が20社で、上場会社が29社になります。

「第11次5ヵ年計画」以降、同ゾーンの主要な経済指標は持続的なスピード成長を維持しており、2010年には2926億元の企業総収入を計上しました。そのうち、光電子情報産業の総収入は1144億元で、バイオ産業の総収入は23%増、248億元で、高性能設備製造の総収入は25%増、414億元で、省エネ・環境保護産業の総収入は30%増、237億元で、高技術サービスの総収入は19%増で、192億元を計上しました。2010年末、東湖高新区では、年間総収入が100億元以上の企業が5社、10億元以上の企業が42社、1億元以上の企業235社にのぼります。

中国光谷、知恵の「光」、富裕の「谷」。

中国光谷は魅力あふれる起業新都市で、「冒険、創新、職業を敬う精神、誠信」という光谷文化にて、1000人の留学帰国生が東湖起業センター、武漢留学生起業園、大学科学技園、光谷軟件園等の機関での起業を検討しております。「納税者を尊重、創業者を保護」というサービス趣旨の指導のもと、当ゾーンは主な政務サービスを行政管理から公共サービスへの変換を実現させ、園区の企業に「陽光下の新政策」と賞賛されています。また、「産業発展を続けながら、環境創新を実施する」という建设理念をもとに、武漢市の東南部で山、水、林、路が互いに助け合い、輝きを増し、産、学、研、住を集結させた近代化された科学技術新都市を構築しています。

東湖国家自主創新模範区の産業発展計画では、将来の10年、同エリアは全力をもって、光電子情報をコア産業に、バイオ、省エネ・環境保護、高性能設備を戦略産業に、高技術サービスをリーディング産業とした「131」産業を構築し、世界ハイテク技術産業園区の発展の第一弾として、世界光電子産業センター、新興産業発展試験区、低炭素化経済発展模範区になり、世界的に有名な「光谷」となります。2015年、東湖模範区の総収入額が1万億元を超え、2020年、総収入額が3万億元になる見通しになります。

光谷は国家の使命を背負い、国務院の批准の要求に従い、育成の強化――優秀な人材、特に産業界をリードするような人材の育成、 研究開発とその経済的効果――世界先端の科学技術の成果を生み出す、 より強くより大きく――世界全体に大きな影響力をもつ企業を目標とする、 育てる――国際的なブランドを作り出す事、全面的に東湖ハイテクゾーンの自主創新能力による影響力と推進力を高め、環境に優しく、資源節約型の社会を作り出し、創新と発展の模範となるよう努めていきます。

住所:武漢市珞瑜道546号
郵便番号:430079 
技術メンテナンス:情報センター 
電話:(086)027-87804115   
Email:sysop#wehdz.gov.cn 

0430.com推薦
上に立つ:  蘇州市の経済と情報化委員会
現在のおすすめサイト:  中国光谷|武漢東湖新技術開発区
次の駅:  中国の文化市場ネットワーク


申明:本資料は0430会員に提供し、転載出所を明記してもらい、出典:http://jp.0430.com/cn/web81748/。
中国光谷|武漢東湖新技術開発区 感谢您的支持与分享!
このサイトを踏まれ0
このサイトを支持する1
駅長の声:支持当サイトは、頂てあるいは好評のように!  
今がある1人へ『中国光谷|武漢東湖新技術開発区』発表評論 中国光谷|武漢東湖新技術開発区良い?

  氏名 : * られ、留空は匿名発表
  内容 :
殘りの字数:  * 押す Ctrl + Enter 送信.
           
ヒント: コメント提出後、審査が必要、才能を表示;サイトの資料を網、みんな自分の真偽を識別する。
1階 中国光谷|武漢東湖新技術開発区 [*.*.*.*] 発表于 2016/07/21/ 07:56:00
ようこそ訪問当サイト!
中国光谷|武漢東湖新技術開発区:中国光谷、即ち、武漢東湖新技術開発区、武漢東湖国社自主創新模範区(以下,東湖ハイテクゾーンと略称)は、武漢市の東南部に位置し、東は鄂州市に繋ぎ、南は江夏区と隣接し、西は武漢市の洪山区で、北は武昌区、東湖風景区の境界を接しています。

政府カタログ世界に影響サイト推薦ランキング

サイトのバージョン: English  中文(简体)  中文(繁體)  日本語  Español
会社概要 | お問い合わせ | ホームページ | 免責事項 | リンク | サイト マップ | 分類目録 | 収録条件 | 収蔵本ページ
Copyright 2004-2020 版権所有 jp.0430.com
世界中の図書館 - 私たちの生活にあなたのサイトが近づける!
免責声明:みんなはすべて使ってサイト資料に、自ら明らかにする、結果自負,0430は一切の責任を負わない。