»コメントこの駅(1)

涡陽の天静宮

共有者:admin人気度: 363人の閲覧
採点サイト: (35)PR:PR:PR:0
Alexa:査看Alexaランキング活発度:11
サイト類別:観光名所ラベル:涡陽 天静宮 老子庙 
アドレス:http://www.laozi.cc
サイト紹介:涡陽の天静宮は,“老子庙”と俗称し、また“中太清宮”とも言われる。中国先秦の偉大な思想家、哲学家、道家学派の創始者、道教の開祖である老子のご誕生の地であり、道教の祖庭である。
»この改善点

サイト紹介-涡陽の天静宮

涡陽の天静宮(涡阳天静宫日文简介)

涡陽の天静宮は,“老子庙”と俗称し、また“中太清宮”とも言われる。中国先秦の偉大な思想家、哲学家、道家学派の創始者、道教の開祖である老子のご誕生の地であり、道教の祖庭である。涡陽県の城北に位置し、南に谷水(今、武家河と称する)の涡河に入るところより一キロ離れ、北に龍山の近いにあり、三面に水に囲まれ、雰囲気が清幽である。
天静宮は初めに東汉の延熹八年(公元165年)に建てられ、老子庙と称する。桓帝は老子が殿廷に降りることを夢見、後にここに祠を立て奉じるようと聖旨を下したといわれる。その後、曹魏の黄初三年(222年)と隋開皇元年(581年)に敕命によって修複された。李唐の王朝は老子を始祖とし、極めて尊崇するため、何度も老子に封号を贈り、この廟に“太清宮”の額を賜給し、この庙を祖庙とし、大規模に増築した。この建物は黄金の色に輝き、スケールが大きく、皇帝の都にも劣らないものであったが、唐末の戦乱によってほぼ廃墟になってしまった。北宋の大中祥符七年(1014年)より天禧二年(1018年)までの间に皇帝の命令に奉じて重建された。翰林学士である盛度は碑文を撰した。
唐宋の諸皇帝は何度も涡水の畔に参り、老子のご生誕の聖地を謹んで礼拝した。唐高宗は乾封元年(666年)の二月、泰山よりここに参詣し、老子に“太上玄元皇帝”という号を封した。宋の大中祥符七年(1014年)の正月、宋真宗はここに参り、“太上老君混元上德皇帝”という号を封し、『御制朝謁太清宮並序』という文を撰した。
唐宋の最盛期には、太清宮はその規模に匹敵するものがなく、面積が三千亩に及び、食邑が数千人に達した。元明の時代には、宮観の多くはまだ残されていたが、清末に戦乱が多く殿堂が次第に破壊されたため、“焼丹灶が冷し荒草しか残さず、問礼堂が空しく石牛しか残さず”という詩が残された。
1989年に始まった海内外の専門家と学者たちの詳細な研究に基づき、この地が老子のご誕生の地、天静宮の旧跡と認定された。その後、馬炳文、譚兆、侯宝垣などといった大德が寄付金を集め、天静宮を再建するようと呼びかけた。老子を信仰する立場からみれば、これは聖地であり、道教を信仰する立場からみれば、これは天下の祖庭である。今回の修復はその最も隆盛した時期―北宋時代の様式に基づいて行われた。全宮は中路、東路、西路という三路に分けられる。中路は正殿が位置するところで、その前後に山門、会仙橋、霊官殿、老君殿、三清殿、霊官殿、天師殿、重陽殿、財神殿、元辰殿、老祖殿、慈航殿、呂祖殿、鍾鼓楼、“道の源”、“德の初め”という名前の陳列室と乾坤道寮がある。その東に東岳廟、聖母殿、流星園及び九龍井がある。西に講経堂と蔵経閣がある。今、青牛が元始の地に戻り、紫气が再び現れ、老子の故里の天静宮はまたも古相の大地に蘇り、昔の姿が取り戻され始める。


ご関心:グローバル優秀サイト(0430.com)の大本営
上に立つ:  岡山県観光連盟サイト
現在のおすすめサイト:  涡陽の天静宮


申明:本資料は0430会員に提供し、転載出所を明記してもらい、出典:http://jp.0430.com/cn/web244219/。
涡陽の天静宮 感谢您的支持与分享!
このサイトを踏まれ0
このサイトを支持する1
駅長の声:支持当サイトは、頂てあるいは好評のように!  
今がある1人へ『涡陽の天静宮』発表評論 涡陽の天静宮良い?

  氏名 : * られ、留空は匿名発表
  内容 :
殘りの字数:  * 押す Ctrl + Enter 送信.
           
ヒント: コメント提出後、審査が必要、才能を表示;サイトの資料を網、みんな自分の真偽を識別する。
1階 涡陽の天静宮 [*.*.*.*] 発表于 2018/12/24/ 05:07:00
ようこそ訪問当サイト!
涡陽の天静宮は,“老子庙”と俗称し、また“中太清宮”とも言われる。中国先秦の偉大な思想家、哲学家、道家学派の創始者、道教の開祖である老子のご誕生の地であり、道教の祖庭である。

観光名所カタログ世界に影響サイト推薦ランキング

サイトのバージョン: English  中文(简体)  中文(繁體)  日本語  Español
会社概要 | お問い合わせ | ホームページ | 免責事項 | リンク | サイト マップ | 分類目録 | 収録条件 | 収蔵本ページ
Copyright 2004-2019 版権所有 jp.0430.com
世界中の図書館 - 私たちの生活にあなたのサイトが近づける!
免責声明:みんなはすべて使ってサイト資料に、自ら明らかにする、結果自負,0430は一切の責任を負わない。